パットの、ほんとう

右脳のストローク

「パッティングの教科書」(芝草順二著 マサランド刊)の一節から引用させて頂きます。

ーーーー
自分のストロークをしっかり身につけることが大切であるが、しっかり身に付くと、体、つまり、筋肉を動かした時のフィーリングが頭にはっきり焼き付き、フィーリングを頼りに身体を動かすことが出来る。
  よくこのことを筋肉記憶と言う言葉で表現するが、フィーリング記憶と言った方が適切だろう。
  体を動かすためには、もう一つ、理論的に動作を理解し、その理論通りに身体を動かす方法がある。

この理論的な動作を十分理解することは、一定したストロークをし、一定したフィーリングを確保するために大切なことである。
しかし、理論通り頭で命令した動作は、フィーリングで動かすのに比べ、どうしてもスムーズに動かないものである。
   フィーリングは右脳で記憶し、理論は左脳で記憶していると言われている。   パッティングは、左脳の理論を活用するのは、練習時にフィーリングを思い出すときだけにし、プレーが始まったら、右脳のフィーリングでストロークするのが良い。
   もし、左脳を使ってストロークをチェックしたとしても、せいぜい一個所にとどめるべきである。 ところで、この大切なフィーリングは、次の理由で消えやすい。
  @記憶は、時間とともに消えるものである。 Aフィーリングの良かった方法を完全に理解していないので、方法が少し変わったのに気がつかない。 B見た人の影響を受ける。 C異質なタッチのグリーンを経験する。 D体調が良くないと、同じようにストローク出来ない。 このため良いフィーリングをいつも確保しておくことは、大変難しく、これがパッティングを難しくする大きな理由になっている。   このように時とともに色あせやすいパッティングのフィーリングを確保しておくために、毎日練習する人も多い。
ーーーー

ページUP