パットの、ほんとう

まったりストローク

「パンチが入った」と表現されるパットミスがあります。ストロークのリズムが悪くなり(速くなり)強くヒットしてしまうことを言いますね。

ボールは大きくオーバーし、返しも外してしまうことも珍しくありません。

このようなミスを防ぐためにはまったりしたストロークがいつも出来れば良いわけですが、その方法をアヤコさんは「フォローの大きさをバックスイングの2倍にすること」で防ぐのが良い、と言います。

「岡本綾子のすぐにチェックしたい!ゴルフの急所」(岡本綾子著 日経プレミアシリーズ刊)から、その一部を引用させていただきます。

−−−
フォローはバックスイングの2倍出して欲しい。

実際にはそこまで出さなくていいが、バックスイング1に対し、フォロー2の大きさを心掛けると、ストロークは間違いなくスムーズになる。

これはショートパット、ロングパットでも同じ。

(ドリルとしては)テークバックの大きさを決めたら、そこで止めてトゥの前にティーペグを刺す。

次に同じ大きさでフォローを取り、そのトゥの前にまた1本、さらにそこから同じ距離のところに1本を刺す。

これを使うことでストロークのチェックが出来る。

テークバックで最初に刺したティーまで引き、フォローは最後に刺した位置まで出す。

この練習を繰り返すことでパンチの入らない、まったりしたストロークが出来るようになる。
−−−

ページUP