パットの、ほんとう

下半身の安定化方法

再現性の高いストロークを行うためには下半身不動のストロークが必須です。

たった1mのパットでも、下半身がしっかりしていなければパターヘッドが暴れてボールはラインを外れてしまうと岡本綾子は言います。

そして、御本人が推奨する下半身安定方法は

アドレスに入った時に、足指に力を入れ、シューズの先を押し上げる。そうすると、かなり重たい抵抗感があり両足スネの筋肉(前脛骨筋)が突っ張る感じがする。

こうすることで、足の裏全体に体重がかかり、下半身が安定する。

パットの名手と言われる人たちの共通項は、フォローまでお尻の位置が全く動かない、とアヤコさんは指摘しています。

前脛骨筋に注力するやり方は、フォローまで尻が動かない方法です。


ページUP