パットの、ほんとう

パットの巧拙は天性のものではない

プロ仲間からパット巧者NO.1と言われる谷口徹。

2012年度賞金ランク2位、平均パット数ランク3位(1.7380)でした。

また、2000年、2002年、2006年は平均パット数ランク1位。
更に1999年以降13年間連続して、このランクのトップ10以内という記録を残しています。

その谷口ですが、98年以前は一度もトップ10以内に入っていませんでした。

たゆまぬ努力が現在の凄腕パッターを育てたものです。

パットの上達は、努力(練習)によって身に付くもので、決して天性のものではないことを谷口は証明してくれました。

「パットは勘だから」と言い訳する人がいますが、練習努力が足りないと自省すべきではないでしょうか。

彼の辛口は有名ですが、自分自身が血の出るような努力をしてきたからこその自信と、後進たちがそれだけの努力をしているのか、という歯がゆさからのアドバイスと受け取るべきでしょう。

このことは我々アマチュアにもそのまま通じるもので、逆に言うと努力なくしてパットの上達は無いと言えます。

自戒を込めて「練習を怠らないこと」ですね。

ページUP